【アイデア発想法】マンダラート その2

企画・発想の技

前回、アイデア発想につかえる「マンダラート」というフレームワークをご紹介しました。

今回は、実際に「マンダラート」を使ってアイデア出しをしてみます。

マンダラートのお題は「英語が話せるようになる」にします

練習なのでお題(テーマ)は何でもいいのですが、今回は「英語が話せるようになる」でやってみます。

はじめちゃん
はじめちゃん

アイキャンスピークジャパニーズ

シルベッシー
シルベッシー

私は日本語が話せます?

はじめちゃん
はじめちゃん

ボク英語話せないから

シルベッシー
シルベッシー

でも、英語で言ってるよ

みなさんもよければ用紙を用意して、やってみてください。
制限時間は15分にしてみましょう。

マンダラートをやってみると難しい? 簡単?

まず、真ん中にテーマを書きます。

今回は「英語が話せるようになる」ですね。

では始めましょう。周囲のマスに思いついたことを書きます。

あまり深く考えず、ぱっと思いついたものを書いていきましょう。

周囲に8つ書けたら書いた言葉を、それぞれ外側のマスの中央に書きます。

ここは書き写すだけですね。

それぞれのマスの中央の言葉から、さらに思いついたことを周囲に書きます。

ここからちょっと大変かもしれません。
とにかく思いつくものをどんど書いていきましょう。

15分たったら終了です。

マンダラートに自分が書いたものを振り返る

15分は短かったでしょうか。

私も全部埋められませんでしたが、ほぼ埋めれました。
このスピード感も参考になるかもしれません。

ただ埋めることが目的ではありません。アイデア発想をする練習ですから。

また書いた言葉のレベルも気にしなくて構いません(私のやったものもショボい?気がします)。

ここから、面白いアイデアを抽出してさらに深く考えていったり、効果の高いものをまとめてみたり、より具体的にしていく作業に入っていきます。

私のやってみたものを見てみると、真ん中下に「部屋の中を英語ばかりに」があります。

思考の流れはこんな感じ。

英語ができるようになるには、できるだけ英語に触れる必要がある
⇒周囲を見たときに英語ばかりにできないかな
⇒今、周囲をみるとどうだろう
⇒色々なものが日本語で書かれているなあ
⇒これ英語にできないか

このあたりはちょっとおもしろいかもしれません。

例えば電子レンジとか、電子表示になっているところがありますよね。そこの言語が切り替えられるとか。

あるいはメガネをかけると日本語が全部英語になるとか(グーグルでできますね)。

こんな感じで具体的なアイデアをマンダラートの中から広げていけると良いですね。

私のやり方のコツは2つです

私のやり方(コツ)は、

・思いつくものが出てこなくなったら、別のキーワードを考える
・キーワードの周辺にあるものを思い浮かべる

やってみると分かると思うのですが、すぐたくさん思いつくキーワードとなかなか思いつかないキーワードが出てきます。

最初は出てくるのですが、途中でまったく出てこなくなることもあります。

そんなときは、粘らすに他のキーワードに移りましょう。そしてまた戻ると思いつく場合がけっこうあります。

2つ目のポイントは、ちょっとコツがあります。
コツというのは、イメージ(絵)を思い浮かべるということ。

例えば、「英会話教室」であれば、その教室はどんな教室なのか、教室の中にどんな備品がおかれているのか、誰が受けているのか、どんな授業をしているのか、などなど。

これらをイメージ(絵)として思い浮かべるのです。

そうするとそこにあるものからキーワードが出てきたりします。

大谷選手もマンダラートを実践していました

実はこのマンダラートは、メジャーリーグで活躍中の大谷翔平選手が、高校生のときに使っていました。

当時の野球部の監督が、部員に書かせていたそうです。

スポニチ記事を元に筆者作成

「8球団からドラフト1位指名」というゴールを真ん中に置き、必要となることを周囲に書き、そのためにやることなどを広げていっています。

「人間性」「運」というキーワードが出ているのも面白いですね。

アイデア出しだけでなく、自分の実現したいものをテーマにして、このマンダラートを使ってみるのもよいかもしれません。

はじめちゃん
はじめちゃん

よし、ボクは三刀流を目指すぞ!

シルベッシー
シルベッシー

投手、打者、あとひとつは?

はじめちゃん
はじめちゃん

売り子さん

カラピー
カラピー

読んでいただき、ありがとうございました!